• 資産運用

資産運用

運用方針

生命保険会社の資産運用においては、負債である保険契約の性格を十分に把握し、有価証券等の資産と保険契約という負債を総合的に管理するALM(資産・負債総合管理)が重要であると考えます。
こうした観点から、当社では、有価証券等の資産と保険契約という負債を時価評価して、その差額である剰余が将来の金利変動によっていかなる影響を受けるのかを定量的に評価・分析し、その適切なコントロールを通じて、安定的な収益を確保することを運用の基本方針としています。
具体的には、超長期債券を中心とした運用資産を構成し、金利スワップ取引等を併用して剰余(運用資産価値−保険負債価値)の変動を適切にコントロールしつつ、安全かつ有利な運用を行っています。

運用環境

2014年度(平成26年度)の世界経済は、米国では雇用環境の改善や個人消費の回復などを背景に景気回復が続きました。欧州では、高水準の失業率やウクライナ情勢不安などにより景気は緩やかな回復にとどまりました。また、新興国では、中国を中心に成長が緩やかに鈍化しました。
わが国の経済は、2014年(平成26年)4月の消費税率引き上げ後、駆け込み需要の反動減により落ち込んだものの、期末にかけては反動減の影響が徐々に和らぎ、雇用・所得環境が改善するもとで緩やかな回復基調となりました。
こうした経済情勢のもと、国内長期金利(10年国債利回り)は、日銀による「量的・質的金融緩和」の拡大や海外金利低下の動きなどを背景に0.2%まで低下しましたが、期末にかけては揺り戻し、年度末は0.4%となりました。
為替(ドル円相場)は、日銀による量的・質的緩和の拡大や、日米の金融政策の方向性の違いなどから円安基調で推移し、年度末は1ドル120円台となりました。
国内株式市場(日経平均株価)は、円安による企業業績の改善や堅調な米国株式市場などを背景に上昇基調で推移し、年度末は19,206円となりました。

運用実績の概況(一般勘定)

資産配分

2014年度末(平成26年度末)の総資産は2013年度末(平成25年度末)から7,402億円増加し、5兆4,512億円となりました。主な項目は、公社債が4兆4,400億円(総資産に占める比率は81.5%)、外国証券が1,309億円(同2.4%)、買入金銭債権が3,309億円(同6.1%)となっています。

資産運用収支

資産運用収益は1,034億円、資産運用費用は15億円となっています。この結果、運用利回りは2.06%となりました。

リスク管理

資産運用に関わるリスクには、市場リスク・信用リスク・事務リスクがあり、当社では業務品質・リスク管理部が一元的にこれらのリスク管理を行っています。
長期間にわたり予定利率を保証するという負債を持つ生命保険会社においては、市場リスクを管理するうえで、有価証券等の資産と保険契約という負債の差額である剰余の時価が、将来の金利変動によってどのような影響を受けるかを定量的に評価・分析することが重要です。当社では、資産・負債およびその差額である剰余の状況を時価ベースで評価・分析するとともに、必要に応じ、金利スワップ取引等も併用しつつ、剰余の変動を適切にコントロールするALM(資産・負債総合管理)を行っています。また、変額年金保険に関わる最低保証リスクについては、主に再保険を活用した外部へのリスク移転を行い適切にリスクコントロールを行っています。市場リスクの状況は、定期的に担当役員およびリスク管理委員会委員長に報告しています。
信用リスクについては、与信の状況等を日次で管理し、定期的に担当役員およびリスク管理委員会委員長に報告しています。
事務リスクについては、投資執行担当部署(経理財務部)と事務担当部署(業務品質・リスク管理部)を分離し、内部牽制を図る体制をとっています。

ALMの基本的な考え方

ALMとは、Asset Liability Management(資産・負債総合管理)の略称です。

生命保険契約という負債が持つリスク

生命保険契約は、長期にわたって死亡や疾病に対する保障を提供しています。
このため、収入保険料のうち、将来の保険金などのお支払いに必要な金額を、責任準備金という負債として積み立てています。

責任準備金は、保険金をお支払いするまでの期間、予め決められた一定の金利で計算された運用収益を織り込んで算出されています。しかし、現実の市場金利はこの金利より高いことも低いこともあります。
もし金利が低ければ、小さな運用収益しか見込めないので、責任準備金の金額よりも大きな金額を負債として考えておかなければなりません。逆に金利が高ければ、大きな運用収益を見込めるので、負債として考えておくべき金額は、責任準備金の金額よりも小さな金額でよいということになります。
保険期間が長くなればなるほど、この金利の差による運用収益の差は大きくなりますが、生命保険は大半が10年以上あるいは終身の契約であるため、負債として考えておくべき金額は、金利の変動によって大きな影響を受けることになります。

生命保険会社の資産運用は、将来の保険金などのお支払いのための負債の金額が、このような「金利変動リスク」にさらされているということを前提にして考えなければなりません。

当社では、負債の金額に見合った資産を維持して将来の保険金などのお支払いに備えるために、負債の金利変動リスクを定量的に把握し、そのリスクの特性に適合した資産運用を実施しています。

負債のリスクに適合した資産運用とは…(負債が円の場合)

(1)長期円建債券で運用すれば…

長期円建債権で運用すれば…

負債のリスクの特性にあわせて、市場金利の変動で価格が変化する円建債券(生命保険契約は長期のものが大半であるため、それにあわせて長期)で運用すれば、金利変動リスクを減らすことができます。
すなわち、図のように、市場金利が低下すれば、負債として考えておくべき金額は大きくなりますが、同様に、債券価格(資産価値)も上昇します。
反対に、市場金利が上昇した場合は、債券価格(資産価値)は下落しますが、このときには負債として考えておくべき金額も小さくなっています。

(2)株式・外貨建資産で運用すると…

株式・外貨建資産で運用すると…

一方、市場金利の変動に直接、価格が連動しない資産(株式や外貨建資産等)で運用すると、資産価値と負債として考えておくべき金額の変動は必ずしも一致しないため、金利変動の影響は大きくなると考えられます。

当社ALMの基本的な考え方

当社のALMでは、負債の金利変動リスクを定量的に把握し、上記(1)のように、円建の負債に対しては長期の円建債券を中心に、米ドル建の負債に対しては長期の米ドル建債券を中心とした資産運用を行っています。
このようなALM管理を継続的に実施することによって、保険金などのお支払いが必要になったときに、それに見合う資産が確保できていることになります。