長生き支援終身 低解約返戻金型終身介護保険[無配当]

2014年5月現在

保険金のお支払事由

この保険で支払われる保険金、保険料払込免除事由は以下のとおりです。
保険金等をお支払いできない場合、保険料の払込免除とならない場合もあります。
詳しくは「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
複数の保険金の支払事由に該当しても死亡保険金・高度障害保険金・介護保険金は重複してお支払いしません。

保険金の
種類
お支払事由の概要 お支払する保険金額等 受取人 免責事由
死亡
保険金
死亡されたとき

保険金額

(解約返戻金が保険金額を上まわる場合は、解約返戻金と同額を保険金としてお支払いします)
死亡保険金
受取人
  • 責任開始日から3年以内に被保険者が自殺したとき
  • 契約者または死亡保険金受取人が故意に被保険者を死亡させたとき
  • 戦争その他の変乱によるとき(※1)
高度障害
保険金
所定の高度障害状態に該当したとき 被保険者
(※2)
  • 契約者または被保険者の故意によって被保険者が高度障害状態になられたとき
  • 戦争その他の変乱によるとき(※1)
介護
保険金
次の①②いずれかに該当したとき
公的介護保険制度の要介護2以上と認定されたとき(※3)
所定の要介護状態が180日を超えて継続したと医師によって診断確定されたとき
  • 契約者または被保険者の故意または重大な過失によって被保険者が要介護状態になられたとき
  • 被保険者の犯罪行為によるとき
  • 被保険者の薬物依存によるとき
  • 戦争その他の変乱によるとき(※1)
健康祝金
(健康祝金をお支払いするタイプにご契約の場合)
死亡保険金・高度障害保険金・介護保険金をお支払いすることなく、所定の支払対象年齢(※4)の到達する年単位の契約応当日に生存しているとき 保険金額 × 支払割合

1回目:5%
2回目:5%
3回目:20%

保険契約者
※1 該当被保険者数の増加が計算基礎に及ぼす影響が少ない場合は、その影響の程度に応じ、保険金の全部もしくは一部をお支払いします。
※2 保険契約者が法人で、死亡保険金受取人が保険契約者である場合には、保険契約者が受取人となります。
※3 この保険の給付にかかわる公的介護保険制度の変更が将来行われたときは、主務官庁の認可を得て、介護保険金のお支払事由の変更を行うことがあります。
※4 所定の支払対象年齢とは、70歳・75歳・80歳もしくは80歳・85歳・90歳のいずれかになります。

保険料の払込免除について

以下のいずれかに該当したとき、将来の保険料のお払込みが免除となります。

  • 責任開始期(ご契約の保障が開始される時期)以後に発生した不慮の事故により、
    事故日からその日を含めて180日以内に所定の身体障害状態になられたとき
  • 3大疾病保険料払込免除特則が付加されている場合で、悪性新生物(がん)(※5)、
    急性心筋梗塞、脳卒中の所定の疾病状態になられたとき(※6)
    ※5 「上皮内がん」および「皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がん」は対象になりません。また、責任開始日からその日を含めて90日を経過する日以前(責任開始日前 を含みます。)に悪性新生物(がん)に罹患したときは、保険料の払込免除はいたしません。さらに、その後新たに悪性新生物(がん)に罹患したと診断確定さ れても保険料の払込免除はいたしません。
    ※6 急性心筋梗塞・脳卒中の場合、医師によって次のとおり診断されることが必要です。
    • 急性心筋梗塞
      初診日からその日を含めて60日以上、「労働制限が必要な状態」が継続したこと。
    • 脳卒中
      初診日からその日を含めて60日以上、「他覚的な神経学的後遺症」および「労働制限が必要な状態」がいずれも継続したこと。

本ページは商品の概略のみをご説明したものです。
ご契約の際には「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「PDFを開きますご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

1404-KR01-H001

Get Adobe Reader PDFをご覧になるためには、Adobe Readerが必要です。

お探しの保険は見つかりましたか?

保険商品一覧

  • 医療保険
  • がん保険
  • 死亡保険(生命保険)
  • こども保険

法人のお客様向け商品について

個人のお客様向け商品以外にも、会社経営に関わるさまざまなリスクへの対策のための経営者の皆様向けの商品や、従業員の皆様向けの商品など、法人のお客様向け商品もあります。
法人のお客様向け商品

ご契約のしおり・約款

死亡保険をお探しなら、東京海上日動あんしん生命にご相談ください。