必要な保障は準備したい。保険料負担は抑えたい…

期間や内容次第でかなう

保障見直し次第で

もしものことがあっても困らないように…と、現在備えている死亡保障や入院保障。保険料負担を抑える=保障金額が小さくなる、では困りもの。いまの保障金額を変えずに、月々の保険料負担を抑えるにはいくつかのチェックポイントがあります。

たとえば、保険期間。
「こどもが高校を卒業するまで」「40代から10年間を重点的に」「定年前の5年間」など当面必要な期間や本当に必要だと考える期間に限定して、準備するという考え方はいかがでしょう。

次に、保険の種類。
仮に、現在のものが「積み立て型」だとすれば、いくらか保険料がお手頃に設計されている「かけ捨て型」に変更するという考え方もあります。

死亡保険金をお給料のように毎月受け取れるタイプの定期保険なら、ご家族に残す必要保障額を、遺族年金を考慮して設定できるので、合理的なプランで準備することができます。残されるご家族にとっても、毎月受け取れる保険金は安心して使いやすいのでおすすめです。

終身保険でも
「低解約返戻金型」の終身保険なら、払込期間中の解約返戻金が当社「終身保険」の解約返戻金の70%となりますが、その分この契約を長期に継続される方にとっては保険料が割安なのです。(保険料払込期間(低解約返戻金期間)満了後は当社「終身保険」の解約戻返金と同じになります。)

期間や内容を見比べて、割安な保険への見直しも考えましょう。