結婚しました。これから何を備えれば?

世帯として考えて

経済的な負担をかけずに、必要最低限の保険を

大切な人生のパートナーと幸せに暮らすためにも、安心できる保障を備えたいもの。独身時代に比べて、生活自体が変わるので、このタイミングでご自身の保障内容をチェックする方が多くいらっしゃいます。

結婚後も夫婦共働きなのか、いつごろ第一子を出産するのか、住宅を取得する計画はあるのかなど、家庭を持つことを機におおまかな将来設計が描かれるでしょうが、そんな将来設計を実現するためにも、経済的に無理のない範囲で必要な保障を備えておきましょう。

共働きと専業主婦とでは異なる備え

たとえ若くても病気やケガで入院する可能性ってあるかも知れないと思うと不安になりますよね。それが自分はもちろん配偶者にも起こりうることだとするとなおのこと。

治療による入院や通院のための保障はもちろん、入院中は収入面にも影響が及ぶので、当然、生活費のやりくりが大変になるかもしれません。

そんな不安を解消するためにも夫婦とも医療保障はしっかりと備えておきましょう。

その際、第一子出産に備え、女性の方の医療保障をしっかり確保しておくことをおすすめします。通常分娩は保険給付の対象になりませんが、出産にまつわるアクシデントや帝王切開などで給付対象になる場合もあります。
(給付金支払いについては「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。)

死亡保障に関しては、夫婦共働きで世帯としてそれぞれに十分な収入があれば、独身同様ご自身の葬式代程度がまかなえれば十分です。

しかしながら、夫婦どちらかの収入に頼っている場合では、こどもの成長や住宅取得など今後の将来設計を想定した必要額から公的遺族年金などを差し引き、必要となる保障金額を算出します。

ちなみに、会社員であれば遺族厚生年金が給付されますが、自営業では給付されないため必要となる保障金額が大きくなります。いずれにせよ、算出した保障金額をまかなえるような死亡保障を備えておきたいものです。

突然の病気や万が一に備え、医療保障と死亡保障を備えておく必要があります。