就職が決まり社会人1年生に。何を備えれば?

まずは医療保障を

自分のために必要な保障を備えて

「これまで、自分には保険なんて必要ないと思っていたが…」「一人前の大人として保険にちゃんと入るよう、親に言われたけど」など、このタイミングは保険のことをきちんと考え始める時期でもあります。

保険は若い時から加入しておけば、保険料負担を軽く抑えられるということをご存知でしたか?保険料負担が軽いタイミングだからこそ、無理のないところから備えはじめたいものです。たとえ若くても病気やケガで入院する可能性ってあるかも知れないと思うと不安になりますよね。

まずは、少しでも保険料負担が軽く健康なうちに、医療保障を備えておきましょう。また、死亡保障に関しては、ご自身が独身の場合や家族を養う立場にないうちは、ご自身の葬式代程度がまかなえれば十分です。

将来の夢のための資金づくりをスタートしても

さらに、自分の夢や将来設計のために、今のうちから資金づくりを始めるのもよさそうです。

資金づくりには預金や株、投資信託などさまざまなプランがありますが、貯蓄性の高い生命保険をうまく活用するのもおすすめです。

また、保険は一度加入したらずっとそのままでよい、というわけではありません。結婚やこどもの誕生、こどもの独立、定年など、ライフステージの変化や家計の状態を考えて、その都度ご自身にあった保障内容かどうかをチェックし、合理的な保障を備えましょう。

まずは自分のために必要な保障を備えることを考えましょう。