万が一のとき、愛する家族に残す保険

目的と期間を考えて

葬儀費はもちろん、家族が暮らすために必要な費用を

万が一のとき、どんなお金がどのぐらい必要になるのか…亡くなったときに必要な費用や残されたご家族が生活していくために必要な費用の目安を知り、準備しておければ安心です。

【亡くなったときに必要な費用】
亡くなったときに必要になる費用は、主に葬儀費や墓地墓石費です。
香典やお悔やみで一部まかなうことを考えても、ある程度は用意しておきたいところです。

【残されたご家族が暮らすために必要な費用】
残されたご家族がその後暮らしていくのに必要な生活費やこどもの教育費、持ち家でない場合は家賃などの住宅費、さらには借入金の返済など整理費があげられます。残されたご家族のための生活費は、現在の生活費の7割程度を目安にしましょう。

死亡時に必要な費用

保障目的はライフステージによって変化

年齢やご家族の形態などライフステージによって、備えておきたい保障は変わってきます。「何のために」「誰のために」「どんな保障」が必要なのか、目的によって備えましょう。

【ご夫婦のみの場合】
住まいの在り方や配偶者の収入などによって変わりますが、「葬儀費」と「配偶者の当面の生活費」は最低限備えておきましょう。

【お子様がいる場合】
なにかと費用がかかる上、保障を一番充実させたい時期。「家族の生活費」と「こどもの教育費」を手厚く、賃貸住宅にお住まいの方は「月々の住宅費」も必要です。

【お子様が独立し、老後を迎えたご夫婦の場合】
お子様が独立しているので教育費の心配なし。残された配偶者が困らないよう「配偶者の生活費」と「葬儀費」を備え、老後の健康に配慮した「医療保障」を充実させましょう。

もっとも、すべてを保険でまかなう必要はありません。預貯金や国から給付される遺族年金などの公的年金でカバーできない部分を保険で考えましょう。

ライフステージにあわせて、万が一の保険を選びましょう。