こどもが誕生。保障は今のままでいいの?

まず死亡保障を確保

家族にとって頼りになるのは“あなただけ”

お子様が生まれたということは、責任がぐっと重くなったということ。もうあなた一人のことだけを考えて生きていくわけにはいきません。お子様はもちろんのことご家族のためにできることは十分に備えておきたいものです。

万が一のことが起きた場合、残されたご家族が生活に困ることのないようにまず「必要な死亡保障」を確保しておきましょう。守るべき家族が増えるごとに、責任の重さも増していくのです。

万が一に備え、まず死亡保障を備えておく必要があります。