こどもが独立。これまでどおりの保障でいいの?

老後資金の準備と医療保障の充実を

死亡保障よりも老後資金の準備

お子様が独立されたということは、それまでにかかっていた教育費や生活費の心配がなくなったということ。

また、万が一のことが起きた場合、残されたご家族が生活に困ることのないようにと備えていた「遺族生活保障」も、その分少なくて済むことになります。

一方、今後必要となるのは、ご夫婦で迎える老後生活への備え。いまご加入の保険をチェックする、いい機会でもありますね。

ご夫婦の老後生活資金の備えをご検討されてはいかがでしょうか。

【老後生活に対する意識】

<老後生活に対する意識>老後の最低日常生活費

老後の健康に配慮した医療保障を

また、老後はなにかと不調をきたす身体のために「医療保障」を準備しましょう。いま加入している保険が定年退職する頃に満期を迎え、それから先の医療保障がなくなってしまう…なんてことのないよう、医療保障を備えたいものです。

今後必要となるのは、ご夫婦で迎える老後生活への備えとなる保険。死亡保障よりも医療保障を考えましょう。