ページのコンテンツへジャンプします

か行

用語 説明
解除
かいじょ
告知義務違反があった場合などに、保険期間の途中で、当社の意思でご契約を消滅させることをいいます。
解約
かいやく
保険期間の途中で、ご契約者の意思でご契約を消滅させることをいいます。解約されますと、以後の保障はなくなります。
解約返戻金
かいやくへんれいきん
ご契約を解約された場合などに、ご契約者にお支払いするお金のことをいいます。
金額は、主契約・特約の種類、契約年齢、性別、経過年月数、保険料払込月数などによって異なり、多くの場合、お払い込みいただいた保険料の合計額よりも少ない金額になります。特に、ご契約後、短期間で解約されますと、解約返戻金は多くの場合まったくないか、あってもごくわずかです。
確定年金
かくていねんきん
年金の種類の一つで、被保険者が年金支払期間中の毎年の年金支払日に生存されているときにお支払いする種類の年金のことをいいます。年金支払期間中に被保険者が死亡された場合には、残余年金支払期間の未払年金の現価をお支払いします。
基本保険金額
きほんほけんきんがく
変額保険、変額個人年金保険のご契約の際にご指定いただく金額で、死亡保険金額等の算出の基準となります。
給付金
きゅうふきん
被保険者が病気やケガにより入院されたとき、身体に障害が生じたとき、死亡されたときなどに、お支払いするお金のことをいいます。
繰入日
くりいれび
変額個人年金保険の保険料を特別勘定へ繰り入れる日をいいます。
クーリング・オフ制度
くーりんぐ・おふせいど
ご契約に納得がいかない場合、お申込者またはご契約者は、ご契約の申込日または第1回保険料相当額の領収日のいずれか遅い日から(「責任開始期に関する特約」を付加する場合は、申込日から)、その日を含めて8日以内であれば、書面によるお申し出により、ご契約のお申込みの撤回またはご契約の解除をすることができます。この取扱いをクーリング・オフといいます。
契約応当日
けいやくおうとうび

ご契約後の保険期間中に迎える、毎月または毎年の契約日に対応する日のことをいい、毎月の契約日に対応する日を「月単位の契約応当日」、毎年の契約日に対応する日を「年単位の契約応当日」といいます。

契約日が平成24年1月1日の場合

月単位の契約応当日:平成24年2月1日以降の毎月1日
年単位の契約応当日:平成25年以降毎年の1月1日

契約者貸付制度
けいやくしゃかしつけせいど
一時的に資金がご入用のときに、解約返戻金の一定範囲内でお貸しする制度のことをいいます。お貸しできる金額は、ご契約内容、ご契約年数などにより異なります。特に、ご契約後短期間の場合などは貸し付けできないこともあります。制度対象外の保障商品・条件もあります。
契約者配当金
けいやくしゃはいとうきん

保険種類によっては、責任準備金等の運用益が当社の予定した運用益を超えた場合に、ご契約後5年ごとにお支払いします。ただし、契約者配当金は、運用実績によって変動(増減)し、お支払いできないこともあります。

※ 無配当保険の場合は、契約者配当金はありません。

契約内容照会制度
けいやくないようしょうかいせいど
保険契約等のお引受けの判断または保険金・給付金等のお支払いの判断の参考とすることを目的として、各生命保険会社と全国共済農業協同組合連合会が保険契約などに関する登録事項を共同して利用する制度です。
契約内容登録制度
けいやくないようとうろくせいど
保険契約等のお引受けの判断または保険金・給付金等のお支払いの判断の参考とすることを目的として、各生命保険会社が保険契約に関する登録事項を共同して利用する制度です。
契約年齢
けいやくねんれい

被保険者の年齢を契約日現在の満年齢で計算します。

40歳7か月の被保険者の契約年齢は40歳となります。

契約日
けいやくび

原則として保障開始の日(責任開始期の属する日)をいい、契約年齢保険期間などの計算の基準日になります。ただし、保険種類(がんを保障する商品や特定の特約など)や保険料の払込方法によっては契約日と保障開始の日が異なる場合があります。

月払でかつ口座振替や団体を通じてのお払込み、クレジットカードによるお払込みの場合

契約日は原則として保障開始の日の属する月の翌月1日となります。

減額
げんがく
保険金額・給付金額等を減らすことをいいます。減額分は解約したものとして取り扱います。
後継年金受取人
こうけいねんきんうけとりにん
変額個人年金保険において年金受取人が年金支払開始日以後にお亡くなりになったときに、その年金受取人が有するこの保険契約上の一切の権利義務を承継し、新たな年金受取人となる方をいいます。
更新
こうしん
保険期間が満了したときに、所定の条件を満たせば健康状態にかかわらず、保障を継続できる制度のことをいいます。更新の際は、更新日現在の保険年齢・保険料率によって保険料が再計算されるため、保険料は通常高くなります。ご契約者からお申し出がなければ自動的に更新されます。また、更新後のご契約には更新時の約款が適用されます。
高度障害状態
こうどしょうがいじょうたい
高度障害保険金などのお支払いの対象となる状態のことで、被保険者が両眼の視力を全く永久に失った場合など、約款に定められた状態をいいます。対象となる高度障害状態は、公的な身体障害者認定基準などとは要件が異なります。
告知義務
こくちぎむ
ご契約のお申込みに際して、過去の傷病歴(傷病名・治療期間など)、現在の健康状態・身体の障がい状態・職業などについて告知書や医師の質問等によりおたずねする内容に対して、事実をありのまま正確にもれなくお答えいただく義務のことをいいます。
告知義務違反
こくちぎむいはん
告知書や医師の質問等によりおたずねする内容に対して、事実を告知されなかったり、事実と違うことを告知された場合は、「告知義務違反」としてご契約や特約解除されることがあります。
告知書
こくちしょ
ご契約のお申込みに際して、過去の傷病歴(傷病名・治療期間など)、現在の健康状態・身体の障がい状態・職業などについて、被保険者(またはご契約者)自身が記入していただく書面のことをいいます。