長割り定期
保険料の経理処理(全期払の場合)
*2018年2月1日現在の税制による
ご契約形態
ご契約形態
長期平準定期保険に該当する場合
(本ページのご契約例のケース)
保険期間の開始の時から当該保険期間の60%に相当する期間<=前払期間>(注1) 保険料の1/2を前払保険料として資産に計上し、残りの1/2を損金に算入。
前払期間を経過した残り40%に相当する期間 保険料の全額を損金算入するとともに、前払期間で資産計上した前払保険料の累積額を残りの期間の経過に応じ均等に取り崩して損金算入。
(注1) 前払期間に1年未満の端数がある場合には、その端数を切り捨てた期間を前払期間とします。
[平成20年2月28日付 課法2-3 課審5-18]
『長期平準定期保険』とは・・・
保険期間満了時の被保険者の年齢が70歳をこえ、かつ、加入時の被保険者の年齢に保険期間(年数)の2倍を加えた数が105をこえる定期保険のことをいいます。(注2)
(注2) 「加入時の被保険者の年齢」とは、保険証券に記載の契約年齢をいい、「保険期間満了時の被保険者年齢」とは、契約年齢に保険期間の年数を加えた数に相当する年齢をいいます。
保険金・解約返戻金を受け取ったときは資産計上額を取り崩し、受け取った金額との差額は雑収入または雑損失として処理してください(受け取った保険金・解約返戻金を財源の一部として退職金・弔慰金等を支払った場合、その金額が不相当に高額でない限り全額を損金算入できます)。
記載の税務取扱は、2018年2月1日現在の税制に基づき作成している一般的な例です。今後新たな通達等で税務取扱・計算方法等が変更となる可能性があります。また、個々のお客様の実際のご契約の税務取扱につきましては、所轄の税務署・税理士等専門家にご確認ください。
閉じる