ページのコンテンツへジャンプします

がん治療最前線:「抗がん剤治療」は進化しています。

がんの3大治療とは?

「手術」「放射線治療」「薬物療法(抗がん剤治療)」を3大治療といいます。
がんの治療方法は、患者の状況などを考慮して選ばれ、場合によっては複数の治療方法を組み合わせて行われます。

「手術」「放射線治療」「薬物療法(抗がん剤治療)」

抗がん剤による治療法は大きく3種類

種類 特長
化学療法 化学物質によってがんの増殖を抑え、がん細胞を破壊する治療。副作用もありますが、近年は副作用を抑える薬や、投与方法により負担は軽減されています。
分子標的治療 がん細胞だけを標的にする分子標的薬を用いた治療。副作用が少ないことが特徴です。※下記に詳しく説明しています。
ホルモン療法
(内分泌法)
がん細胞の増殖にかかわる体内のホルモンを調節して、がん細胞の増殖をおさえるホルモン剤を用いた治療

国立がん研究センターがん情報サービス ホームページより当社作成

副作用が少ない分子標的薬とは?

抗がん剤の多くは、がん細胞のみでなく正常な細胞にまでダメージを与えてしまい、それが副作用の原因となることがあります。
これに対して、分子標的薬は、がん細胞のたんぱく質や遺伝子をターゲットとして、それだけを効率よく攻撃するので、正常細胞のダメージが少なく、副作用の少ない抗がん剤として、注目を集めています。
ただし現状では、薬価が高額なものが多く、経済的な負担が生じてしまうのが課題です。

一般的な抗がん剤のイメージ
分子標的薬のイメージ
分子標的薬の一例
ソラフェニブ 腎細胞がん、肝細胞がん
スニチニブ 腎細胞がん など
パニツムマブ 結腸・直腸がん
イマチニブ 白血病 など
エルロチニブ 非小細胞肺がん、すい臓がん