• TOP
  • 現代医療の新あるある
  • 生存保障革命とは?
  • あんしん生命の生存保障商品
TOP
現代医療の新あるある
生存保障革命とは?
あんしん生命の生存保障商品

退院してからも暮らしがある。医療技術は日々進歩し、わたしたち日本人の寿命は伸びています。その一方で、働き盛りの年代から、生活習慣病を抱える人も増えています。つまりは、健康面と収入面の両方に不安を抱えながら、「長生き」をする。今までの「医療保障」や「死亡保障」では、カバーしきれない領域が生まれています。そんな時代を生きる日本人に、必要な生命保険はなんだろう?あんしん生命の答えは、「生存保障」。「生存保障」革命、ひろがる。

あんしん生命の生存保障商品はこちら

こんな時代だから生存保障
現代医療の新あるある

あるあるその1:退院して自宅療養、お金が不安だ…。あるあるその2:タバコ、お酒、お肉、大好き。運動大きらい。「わかっちゃいるのに変えにくい生活習慣。」あるあるその3:大きな病気で働けなくなることもある。「治療費は高額。なのに収入減。」あるあるその3:まさか私が要介護?「介護が不安。親の?いいえ、自分の。」
  • あるあるあるある

    あるある!と思ったらボタン連打でございます!

    そのワケとは?

  • あるあるあるある

    あるある!と思ったらボタン連打でございます!

    そのワケとは?

  • あるあるあるある

    あるある!と思ったらボタン連打でございます!

    そのワケとは?

  • あるあるあるある

    あるある!と思ったらボタン連打でございます!

    そのワケとは?

  • あるあるその1:退院して自宅療養、お金が不安だ…。

    医療技術の進歩などで入院期間が短期化
    したことにより、退院後に病気を抱えたまま
    生活する不安が増えたのでございますな。

  • あるある その2:わかっちゃいるのに変えにくい生活習慣。

    現代は個々の生活習慣を原因とする
    生活習慣病が増加しています。
    いまや誰もが抱える不安でございますな。

  • あるある その3:治療費は高額。なのに収入減。

    がんと診断された後に、
    多くの人の収入が7割以下に。
    病気も家計も不安なのでございます。

  • あるある その4:介護が不安。親の?いいえ、自分の。

    要介護のもっとも多い原因は脳血管疾患。
    誰がいつそうなったとしても
    不思議はないのでございます。

閉じる

と、こんな不安が「あるある」時代だからこそ、退院後の暮らしを支える「生存保障」が必要なのでございます。

生存保障革命とは?

一般的な病状の進行と、一般的な医療保険・生命保険の保障範囲

イメージ:今までの保障

生存保障革命

  • イメージ:生存保障革命
  • イメージ:生存保障革命

生存保障はここが新しい!

  • 短期入院時代の退院後の暮らしをサポートします。
  • 生活習慣病の在宅療養に対応し、働けないときの不安を解消します。
  • 介護や老後に備え、安心して長生きできる世の中をめざします。

今の時代にあった保障を提供することで「人生360度のあんしん」をめざすのでございます。

新規の保険をご検討のお客様

商品に関するご質問・ご相談

代理店/ライフパートナーによる無料保険相談を行っています。コンサルティング相談サービスはこちら

コンサルティング相談サービス

代理店/ライフパートナーによる無料保険相談を行っています。コンサルティング相談サービスはこちら

お客様向けサービス・情報提供

  • メディカルアシスト
  • あんしんセエメエの健康・長生き学園

生存保障商品をお探しなら、東京海上日動あんしん生命にご相談ください。