閉じる

保険人って何?

何としても、お客様をお守りするという社会的使命感や職業意識を持って保険業に携わる真の保険のプロフェッショナル
保険人の心得

「保険人(ほけんびと)」--- それは社員一人ひとりが強い想いを抱く言葉。
真に「お客様本位」の生命保険会社を目指す、あんしん生命が生み出した造語です。

一般的に「生命保険はマイホームの次に高い買い物である」と言われています。
しかしマイホームと異なり、生命保険は形の無い商品なので理解しづらいということもあり、お客様の中には「どんな生命保険かよく分からず、なんとなく加入している」という方もいらっしゃいました。

生命保険は一人ひとりの人生に合わせて提供するのが本来の姿ではないか、これまでの商品販売方法に大きな疑問を感じたあんしん生命は、「おかしいな、人間が生命保険に合わせている」というメッセージを発信し、1996年にスタートしました。
以来、「一人ひとりのお客様に合ったオーダーメイドの保険商品を提供しよう」、「なんとしてもお客様をお守りしよう」という使命感を持ち続けています。
このように、常に全社員が一丸となって真の保険のプロフェッショナル=「保険人(ほけんびと)」を目指しています。