団体扱

2013年4月現在

貴社の費用負担なしに福利厚生制度の一層の充実がはかれます。

団体扱とは?

東京海上日動あんしん生命の保険のご加入者が10名以上の場合に、保険料を法人(団体)で取りまとめてお払い込みいただく仕組です。

導入のメリット 役員・従業員にとって

1.確実な契約の継続

保険料が毎月の給与から差し引かれますので、口座への入金忘れ等がなくなり、ご契約の継続が確実に行われます。

2.生命保険料控除手続の簡素化

保険料については、所定の要件を満たせば一定額を所得から控除することができますが、団体扱のご契約については所定の欄に法人(団体)代表者の認印を押印いただくだけで申告手続きができます。

3.割安な保険料

ご加入者数が20名以上になりますと、月払の保険料が通常の口座振替のご契約に比べて割安となります。
※割安とならない保険種類もあります。

導入のメリット 法人(団体)にとって

1.団体事務費のお支払

法人(団体)の事務担当者の方に保険料引去などの事務を行っていただきますので、法人(団体)に対して、払込総保険料の3%相当額の団体事務費をお支払いいたします。

2.役員・従業員福利厚生制度の充実

上記のような役員・従業員のメリットにより、法人の費用負担なく、福利厚生制度の充実がはかれます。

団体扱
ご注意いただきたいポイント
団体扱を始めていただくためには、ご加入者があらかじめ10名以上いらっしゃることが必要です。

お探しの保険は見つかりましたか?


1304-KR01-H048