ページのコンテンツへジャンプします

あんしん生命のプレミアムシリーズ

あんしんがん治療保険

がん治療保険(無解約返戻金型)[無配当]

通販プラン

治療を受けた月ごとに給付金が受け取れ、最新の治療も保障するがん保険

郵送による通信販売で、ご加入いただける商品プランです。
通信販売以外のお取扱いはこちら(お選びいただけるプランが異なります)

2022年2月現在

予定ご契約年齢

年齢をご選択ください。

(ご加入可能年齢:0~75歳まで)
性別

性別をご選択ください。

口座振替扱
保険期間・保険料払込期間:終身※
月々の保険料
ライトプラン
Aタイプ
月額10万円
---
ベーシックプラン
Cタイプ
月額10万円
---
トータルプラン
Eタイプ
月額10万円
---

基本の保障

<主契約>
手術・放射線治療給付金
抗がん剤治療・緩和療養給付金

詳細

月額
10万円
月額
10万円
月額
10万円

特定治療給付金
(がん特定治療保障特約)

詳細

-

診断にかかわる費用と同額

通算
1億円限度

診断にかかわる費用と同額

通算
1億円限度

先進医療給付金
(がん先進医療特約)

詳細

先進医療にかかわる
技術料と同額

通算
2,000万円限度

先進医療にかかわる
技術料と同額

通算
2,000万円限度

先進医療にかかわる
技術料と同額

通算
2,000万円限度

入院給付金
(がん入院特約)

詳細

-

-

日額
10,000

通院給付金
(がん通院特約)

詳細

-

-

日額
10,000

診断給付金
(がん診断特約)

詳細

-

-

1回
50万円

保険料払込免除
(悪性新生物保険料払込免除特則)

詳細

該当されたとき
将来の保険料はいただきません。

該当されたとき
将来の保険料はいただきません。

該当されたとき
将来の保険料はいただきません。

  • ※主契約の保険期間・保険料払込期間にかかわらず、がん特定治療保障特約の保険期間・保険料払込期間は5年、がん先進医療特約の保険期間・保険料払込期間は10年となります。
  • ※両特約は最長90歳まで自動更新が可能です。更新後の保険料は、更新時の被保険者の年齢および保険料料率によって計算しますので、更新前の保険料と異なります。
  • ※上記のタイプ以外からお選びいただくことも可能です。詳しくは、当社から送付する「通販プラン(申込書付き資料)」をご確認ください。
  • ※この商品の保障は、保険期間の始期からその日を含めて90日間を経過した日の翌日から開始します。

この商品を詳しく知りたい方は、お気軽にご相談ください。

あんしん生命のお客様サービス【無料】

お客様とそのご家族の皆様へ、各種サービスをご用意しています。

がんリスク検査優待サービス

提携医療機関における、尿を用いた「がんリスク検査」の優待サービス

※がん保険にご加入のお客様が対象

※がん保険にご加入のお客様が対象

ご利用できる医療機関はこちら

給付金の直接支払サービス

提携医療機関で、対象となる診療を受けられた場合に、当社から提携医療機関に直接給付金をお支払いできるサービス

※がん特定治療保障特約、先進医療特約、先進医療特約(引受基準緩和型)、がん先進医療特約の被保険者様が対象

※がん特定治療保障特約、先進医療特約、先進医療特約(引受基準緩和型)、がん先進医療特約の被保険者様が対象

ご契約にあたってのご注意事項

このホームページでは、商品の概要を記載しています。
ご契約にあたってご確認いただきたい注意事項がありますので、契約前に「重要事項説明書」を必ずご確認ください。

ご確認いただきたい注意事項 ~目次~

重要事項説明書

一部変更のお知らせ

商品の詳細は「パンフレット」「重要事項説明書(契約概要/注意喚起情報)一部変更のお知らせ」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

2110-KC01-H008

おすすめの保険商品(プレミアムシリーズ)

あんしん生命のプレミアムシリーズ
「生存保障」プレミアムシリーズ

あんしん生命では、短期入院時代の退院後の暮らし、働けないときの不安、介護や老後への備えをサポートするため「生存保障革命」に取り組んでおり、お薦め商品をプレミアムシリーズとしてご用意しています。

「生存保障革命」詳細はこちら

Get Adobe Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、アドビシステムズ株式会社のサイトから最新版が無償で入手可能なアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
Adobe Readerのダウンロードページ

お支払事由の概要

Q: どんなとき?
A: がん(悪性新生物・上皮内新生物)治療のため、所定の入院をされたとき

閉じる

お支払事由の概要

Q: どんなとき?
A: がん(悪性新生物・上皮内新生物)治療のため、以下のいずれかの診療(※1)が行われる入院または通院をされたとき
①公的医療保険制度における患者申出療養(※2)または評価療養(先進医療を除きます。)による診療
②対象病院(※3)において行われる所定の自由診療

次の費用はお支払い対象となりません

診察の種類と公的医療保険制度の給付の概要は次のとおりです。

診察の種類 診察の概要
保険診療 公的医療保険制度の給付対象となる診療です。
患者申出療養 高度の医療技術を用いた療養で、患者の申出にもとづき厚生労働大臣が 定めるものをいいます。保険診療と自費診療の併用が認められていますが、患者申出療養にかかわる費用は自己負担となります。
評価療養(先進医療等) 高度の医療技術を用いた療養等で、公的医療保険制度の給付対象とするか否かの評価が必要な療養として厚生労働大臣が定めるものをいいます。保険診療と自費診療の併用が認められていますが、評価療養にかかわる費用は自己負担となります。先進医療以外の評価療養には次のようなものがあります。
・製造販売の承認後で保険収載前の医薬品を使用する診療(厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院で行われる場合等)
・保険収載された医薬品の適応外使用にかかる診療(承認事項の変更申請がなされている場合等)など
自由診療 公的医療保険制度の給付対象とならない診療をいい、自由診療にかかる費用は患者の全額自己負担となります。

閉じる

お支払事由の概要

Q: どんなとき?
A: 初めてがん(悪性新生物・上皮内新生物)と診断確定されたとき
また、がん(悪性新生物)が再発・転移したとき
対象となるがん お支払事由
1回目 2回目
悪性新生物 初めて
診断確定
されたとき
再発・転移したとき(※2)または悪性新生物が
新たに生じたと診断確定されたとき
上皮内新生物 -

閉じる

お支払事由の概要

Q: どんなとき?
A: がん(悪性新生物・上皮内新生物)治療のため、公的医療保険制度における先進医療を受けられたとき

閉じる

お支払事由の概要

Q: どんなとき?
A: 初めてがん(悪性新生物)(※)と診断確定されたとき

将来の保険料はいただきません。

閉じる

お支払事由の概要

Q: どんなとき?
A: <手術・放射線治療給付金>
がん(悪性新生物・上皮内品生物)治療のため、公的医療保険制度の対象となる所定の手術・放射線治療を受けられたとき
   <抗がん剤治療・緩和療養給付金>
がん(悪性新生物・上皮内品生物)治療のため、公的医療保険制度の対象となる所定の抗がん剤治療を受けられたとき、または、がん性疼痛(とうつう)の緩和のため、公的医療保険制度の対象となるオピオイド鎮痛薬による薬剤治療または神経ブロックを受けられたとき

対象となる緩和療養について

主契約のお支払いの対象となる所定の緩和療養は、次のいずれかに該当するものをいいます。

  • ・公的医療保険制度の対象となる所定の疼痛緩和薬(オピオイド鎮痛薬)にかかる薬剤料または処方せん料が算定される入院または通院による緩和療養
  • ・所定の疼痛緩和薬(オピオイド鎮痛薬)が投与または処方され、かつ、緩和ケア病棟入院料、緩和ケア診療加算、有床診療所緩和ケア診療加算、外来緩和ケア管理料が算定される入院または通院による緩和療養
  • ・所定の疼痛緩和薬(オピオイド鎮痛薬)が投与または処方され、かつ、在宅患者診療・指導料(往診料を除きます。)が算定される在宅医療による緩和療養
  • ・所定の神経ブロックにかかる神経ブロック料が算定される入院または通院による緩和療養
オピオイド鎮痛薬とは
脊髄(せきずい)や脳の痛みを伝える神経組織にある、オピオイド受容体と呼ばれる部位に作用して痛みを止める薬の総称です。
神経ブロックとは
がんによる痛みを和らげるため、痛みのある部位に関連する神経を抑制または遮断する治療法のことです。

出典:国立がん研究センター がん対策情報センター「がんになったら手にとるガイド」、「がん情報サービス」より当社作成

  • 手術・放射線治療給付金のお支払対象となる治療を同一の月に複数回受けたときでも、手術・放射線治療給付金は重複してお支払いしません。
  • 抗がん剤治療・緩和療養給付金のお支払対象となる治療や療養を同一の月に複数回受けたときでも、抗がん剤治療・緩和療養給付金は重複してお支払いしません。
  • 同一の月に手術・放射線治療給付金および抗がん剤治療・緩和療養給付金のお支払事由に該当した場合には、手術・放射線治療給付金のみをお支払いし、抗がん剤治療・緩和療養給付金はお支払いしません。
  • 給付金月額は10,20万円のいずれかで設定できます。

閉じる

お支払事由の概要

Q: どんなとき?
A: 主契約の給付金のお支払いの対象となる治療または緩和療養を受け、以下の①から②までの期間内に所定の通院をされたとき
①主契約のお支払事由に該当した日の属する月の前々月の初日
②主契約のお支払事由に該当した日の属する月の1年後の応当月の末日

閉じる

ご確認いただきたい注意事項 ~目次~

契約概要

仕組みP1
  • ご契約例P1
  • 解約返戻金P1
  • 契約者配当P1
主契約の保障内容P2
  • 責任開始期(ご契約上の保障を開始する時期)について P2
  • がんの定義と診断確定について P3
  • 手術・放射線治療給付金について P3
  • 抗がん剤治療・緩和療養給付金について P3
特約の保障内容P4~9
  • 特約の責任開始期(特約上の保障を開始する時期)について P5
  • 特約の対象となるがんの定義と診断確定について P5
その他ご確認いただきたい事項P9
  • ご契約の更新について P9
  • ご検討に際してご留意いただきたい点 P9
生命保険に関するご相談・お問い合わせP9
 

注意喚起情報

その他の重要事項

閉じる

動的モーダル

閉じる

試算中モーダルを開く

試算中です。

キャンセル