ページのコンテンツへジャンプします

あんしん生命のプレミアムシリーズ

あんしんねんきん介護R

介護年金保険(無解約返戻金型) 健康還付特則 付加[無配当]

使わなかった保険料が戻ってくる“新しいカタチの介護年金保険”

2021年8月現在

特長1

払い込んだ保険料の使わなかった分をリターン(Return)!

  • 所定の年齢までにお払い込みいただいた保険料(※1)は、「健康還付給付金」(※2)もしくは、「介護年金」としてお受け取りいただくことができます。お受け取りいただいた介護年金の合計額がお払い込みいただいた保険料を超えた場合、健康還付給付金のお受け取りはありません。
  • 所定の年齢になる前に死亡されたときも、払い込んだ保険料が戻ります(※3)
    死亡される前に介護年金のお受取りがあった場合は、受取済みの介護年金合計額(※4)を差し引いた額をお受け取りいただけます。
  • 所定の年齢は契約年齢が20~50歳の場合は70歳、51~55歳の場合は75歳、56~65歳の場合は80歳となります。

介護年金のお受取りがない場合は、
全額が戻ってきます。

介護年金のお受取りがない場合は、全額が戻ってきます。

介護年金のお受取りがあった場合は、
差額が戻ってきます。

介護年金のお受取りがあった場合は、差額が戻ってきます。
  • ※1健康還付給付金支払日(*1)の前日までの既払込保険料相当額(*2)。ただし、健康還付給付金支払日(*1)の前日までに介護年金のお支払事由に該当し、介護年金が支払われる場合は、第1回介護年金のお支払事由に該当した日までの既払込保険料相当額(*2)
  • ※2 被保険者が健康還付給付金支払日(*1)に生存されているとき。
  • ※3 被保険者が死亡された日までの既払込保険料相当額(*2)。ただし、被保険者が死亡される前に介護年金のお支払事由に該当し、介護年金が支払われる場合は、第1回介護年金のお支払事由に該当した日までの既払込保険料相当額(*2)
  • ※4 最終回の介護年金とともに健康還付特則の返戻金が支払われる場合はその返戻金を含みます。
  • (*1) 健康還付給付金支払日とは、被保険者が健康還付給付金のお受取り対象年齢に到達する年単位の契約応当日をいいます。
  • (*2) 既払込保険料相当額には、各種特約の保険料は含みません。
特長2

一生涯の介護保障を加入時のお手ごろな保険料でリザーブ(Reserve [予約])!

要介護2以上の人は80代以上で急増します。「一生涯」の介護保障があるとあんしんです。

年代別人口に占める 要介護2以上の割合

年代別人口に占める 要介護2以上の割合

出典:厚生労働省「介護給付費等実態統計月報」(令和2年9月審査分)/ 総務省「人口推計(令和2年9月1日現在確定値)」より算出

介護が必要になる確率が高まる時期に加入時のお手ごろな保険料のまま介護保障を継続できます。

あんしんねんきん介護Rと当社の介護年金保険(あんしんねんきん介護)に加入した場合の例

性別:男性/保険期間・保険料払込期間:終身/年金の種類:有期年金/年金支払期間:5年/介護年金額:30万円/口座振替扱

60歳であんしんねんきん介護Rに加入した場合

[健康還付給付金受取対象年齢:80歳]

80歳で当社の介護年金保険
(あんしんねんきん介護)に加入した場合

  • ※5 2021年8月23日時点のあんしんねんきん介護(介護年金保険(無解約返戻金型))の保険料。
特長3

3つの告知でお申し込みいただける介護年金保険です!

以下の告知項目のすべて「いいえ」の方はお申し込みいただけます!

1
過去1年以内 に、病気やケガで、 入院 をしたこと、または 手術 を受けたことがありますか。
  • いいえ
2
過去5年以内 に、以下のいずれかの病気で、医師の 診察※6・検査※6※7・治療・投薬 を受けたことがありますか。
がん、肝硬変、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、脳しゅよう、心筋梗塞、心筋症、心不全、心房細動、うつ病、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症、アルコール依存症、パーキンソン病、アルツハイマー病、レビー小体病、前頭側頭葉変性症・ピック病
  • いいえ
3
以下(1)~(3)のいずれかに該当しますか。
  • (1) 現在、以下①~⑦の日常生活の動作のいずれかにおいて、他の方の介助※8または補助具※9を必要とする。
    ①歩行 ②食事 ③排せつ ④入浴 ⑤衣服の着替え
    ⑥店での買い物 ⑦公共の交通機関の利用
  • (2) 今までに、ご自身に関して、公的介護保険の要介護・要支援の認定申請をしたことがある。
  • (3) 今までに、認知症、軽度認知障害(MCI)またはそれらの疑い※10で、医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがある。
  • いいえ
  • 用語の解説はこちらをご確認ください。
  • ※6 「診察・検査」には、治療を受けた最後の日から5年以上経過した「がん」の経過観察のための診察・検査を含みません。
  • ※7 「検査を受けた」には、健康診断・人間ドック・がん検診の受診を含みません。
  • ※8 「他の方の介助が必要」とは、日常生活の動作(歩行、食事、排せつ、入浴、衣服の着替え、店での買い物、公共の交通機関の利用)を行う際に、他の方に動作などを手助けしてもらわないと、その日常生活の動作ができないことをいいます。
  • ※9 「補助具」の例:杖、歩行器、シルバーカー(手押しの歩行補助車)、義肢・装具、車椅子
  • ※10「認知症、軽度認知障害(MCI)またはそれらの疑い」とは、医師により認知症、軽度認知障害(MCI)と診断された場合に加え、認知症の症状(*)をきっかけに、認知症の疑いで医師の診察・検査を受けた結果、認知症と診断確定されなかった場合を含みます。
    • (*) 認知症の主な症状の例:もの忘れ、理解力・判断速度の低下、時間・場所・名前などがわからなくなる見当識障害 など

お申込みに際しては、告知書(介護年金用)およびそれに記載の「記入上の注意点」を必ずご確認ください。ご加入時の年齢やご職業、既にご契約されている保険との通算等により、お引受けできない場合もあります。

ご留意事項
健康状態に関する告知を簡素化し、簡単な告知でお申込みいただける代わりに、介護年金・特約一時金の保障は契約日の1年後の応当日から開始します。(不担保期間(保障しない期間):1年間)ただし、死亡給付金は保険期間の始期から保障を開始します。
特長4

介護 が必要になったとき、 介護年金 をお受け取りいただけます!

人生100年時代、身近なリスクである「介護」の備えがあるとあんしんです。

要介護認定者数は、公的介護保険制度開始から20年間で約2.5倍に増加しました。

要介護認定者数は、公的介護保険制度開始から20年間で約2.5倍に増加しました

85歳以上になると約2人に1人が要支援・要介護認定を受けています。

85歳以上になると約2人に1人が要支援・要介護認定を受けています。
  • 病気やケガにより、介護が必要な所定の状態になられたときに、介護年金をお受け取りいただけます。
  • 年金額は、20・30・50万円のうち選択いただけます。
  • 年金のお受取り方法は、5年有期年金・10年有期年金・終身年金の3つのタイプからお選びいただけます。
  • 所定の状態に該当された場合、将来の保険料のお払込みは不要です。
特長5

ニーズに合わせて、特約(オプション)を追加できます!

認知症一時金特約

  • 認知症や軽度認知障害(MCI)と診断確定されたとき、一時金をお受け取りいただけます
  • 認知症一時金額は20~200万円のうち10万円単位で設定いただけます。
    認知症一時金特約と介護一時金特約は、それぞれの特約の一時金額を通算して200万円までご加入いただけます。

介護が必要になる原因で、最も多いのは「認知症」です。

介護が必要になる原因で、最も多いのは「認知症」です。

65歳以上で認知症になる人は、年々増加すると推計されています。

65歳以上で認知症になる人は、年々増加すると推計されています。

介護一時金特約

  • 介護が必要な所定の状態なったとき、一時金をお受け取りいただけます。
  • 介護一時金額は20~200万円のうち10万円単位で設定いただけます。
    介護一時金特約と認知症一時金特約は、それぞれの特約の一時金額を通算して200万円までご加入いただけます。
ご留意事項
健康状態に関する告知を簡素化し、簡単な告知でお申込みいただける代わりに、介護年金・特約一時金の保障は契約日の1年後の応当日から開始します。(不担保期間(保障しない期間):1年間)ただし、死亡給付金は保険期間の始期から保障を開始します。

この商品を詳しく知りたい方は、お気軽にご相談ください。

保険料例

月々の保険料

口座振替扱
保険期間:終身 保険料払込期間:終身
年金支払期間:10年(有期年金) 健康還付給付金のお受け取り年齢:70歳(ご契約年齢が60歳の場合、80歳)

(単位:円)
  介護年金30万円 介護年金50万円
ご契約
年齢
男性 女性 男性 女性
30歳 4,500 6,120 7,500 10,200
40歳 5,760 7,800 9,600 13,000
50歳 6,480 8,940 10,800 14,900
60歳 12,660 18,840 21,100 31,400
  • ※上記プランは「保険料お見積もり・シミュレーション」ページの「基本の保障」にあたる保険料です。ご契約年齢に応じた詳細な保険料は、「保険料お見積もり・シミュレーション」でご確認ください。
  • ※お客様に応じた様々なプランをご用意していますので、ぜひ資料請求・無料相談をご利用ください。

保険料見積もり・
シミュレーション

あんしん生命のお客様サービス【無料】

お客様とそのご家族の皆様へ、各種サービスをご用意しています。

このホームページでは、商品の概要を記載しています。
商品の詳細は「パンフレット」「重要事項説明書(契約概要/注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

21-KC01-H002

おすすめの保険商品(プレミアムシリーズ)

あんしん生命のプレミアムシリーズ
「生存保障」プレミアムシリーズ

あんしん生命では、短期入院時代の退院後の暮らし、働けないときの不安、介護や老後への備えをサポートするため「生存保障革命」に取り組んでおり、お薦め商品をプレミアムシリーズとしてご用意しています。

「生存保障革命」詳細はこちら

Get Adobe Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、アドビシステムズ株式会社のサイトから最新版が無償で入手可能なアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
Adobe Readerのダウンロードページ

用語の解説

用語の解説
用語解説
入院教育入院・検査入院・日帰り入院を含みます。ただし、いずれの場合も正常分娩のための入院は除きます。
手術内視鏡・カテーテル・レーザーによる手術、体外衝撃波結石破砕術、帝王切開を含みます。
診察病気の有無や症状などを判断するために、医師が患者に質問したり、からだを調べたりすることをいいます。
投薬医師が薬を処方することをいいます。病院や診療所で薬の処方のみを受けた場合を含みます。
がん癌・肉腫・白血病・悪性リンパ腫・骨髄腫を含みます。上皮内がんは含みません。

閉じる

「介護が必要な所定の状態」とは

病気やケガにより以下のいずれかの状態となった場合をいいます。

閉じる

保険料のお払込みが不要となる所定の状態

以下の状態となった場合は将来の保険料のお払込みは不要です※1

閉じる

お支払事由の概要

Q: どんなとき?
A: 病気やケガにより、初めて認知症軽度認知障害(MCI)と診断確定されたとき
お支払事由 お支払いする一時金
病気やケガにより
初めて軽度認知障害(MCI)
と診断確定されたとき
軽度認知障害一時金
認知症一時金額の10%
軽度認知障害一時金をお受取り後に、
病気やケガにより
初めて認知症と診断確定されたとき
認知症一時金
認知症一時金額の90%

または

お支払事由 お支払いする一時金
軽度認知障害一時金のお受取りがなく、
病気やケガにより
初めて認知症と診断確定されたとき
軽度認知障害一時金・認知症一時金
認知症一時金額の100%
軽度認知障害
(MCI)
日常生活動作は自立しているものの、認知機能が低下し、認知機能領域の障害が認められる約款所定の軽度認知障害をいいます。
認知症 脳内に後天的におこった器質的な病変または損傷により、一度獲得された知能が持続的かつ全般的に低下した約款所定の器質性認知症をいいます。

閉じる