ページのコンテンツへジャンプします

定期保険[無配当]

必要期間、死亡保障が確保できる定期保険

2019年4月現在

主な特長

  1. 1

    死亡・高度障害の保障を一定期間確保できる商品です。

  2. 2

    ご契約を更新することができます。

    所定の要件を満たせば、90歳までご契約を更新することができます。

  3. 3

    払済保険制度や変換制度をご利用いただけます。

    • 払済保険に変更することで、その後の保険料をご負担いただかなくても、保障を継続することができます。
    • 変換制度をご利用いただくことで、ご契約の中途で終身保険等に変更することができます。

商品のしくみ

(主契約 : 保険金額3,000万円、更新がある場合)

死亡・高度障害3,000万円

お客様のニーズにあわせて、特約を組み合わせることができます。

特約はご契約に付加した場合のみ対象となります。また、特約ごとにお取扱範囲は異なります。

  • 1. 災害割増特約
    不慮の事故等による死亡・高度障害に備える
  • 2. 傷害特約(本人型)
    不慮の事故等による死亡・身体障害に備える

主なお取扱い(主契約)

お取扱範囲はご契約内容等によって異なります。

ご契約年齢 5歳~85歳
保険期間 次のいずれかの範囲で設定します。
  • 3年~10年かつ満了時年齢90歳以下
  • 満了時年齢90歳または99歳
(保険期間満了時年齢が90歳未満の場合、90歳までご契約を更新することができます。)
保険料払込期間 全期払/短期払
解約返戻金 あります。
契約者配当 ありません。
保険金額 100万円~7億円 (10万円単位)

保障の概要

主契約

保障の種類 お支払いする場合 お支払額など
死亡保険金 死亡したとき 保険金額
高度障害保険金 所定の高度障害状態になったとき

特約

保障の種類 お支払いする場合 お支払額など
災害割増特約 不慮の事故や所定の感染症で死亡したとき 災害死亡保険金額
不慮の事故や所定の感染症で所定の高度障害状態になったとき 災害高度障害保険金額(災害死亡保険金額と同額)
傷害特約(本人型) 不慮の事故や所定の感染症で死亡したとき 災害死亡保険金額
不慮の事故で所定の身体障害状態になったとき 災害死亡保険金額 × 身体障害の程度に応じた給付割合
お支払いの限度は給付割合を通算して100%とします。
年金支払特約 保険金・給付金等を一時金によるお支払いにかえて、年金でお支払いします。
リビング・ニーズ特約 余命が6か月以内と判断されるときに特定状態保険金をお支払いします。
指定代理請求特約 被保険者である保険金等の受取人が、病気やケガにより保険金等を請求する意思表示ができない等の場合に、あらかじめ指定された指定代理請求人が保険金等の代理請求を行うことができます。

※特約はご契約に付加した場合のみ対象となります。

この商品を詳しく知りたい方は、お気軽にご相談ください。

保険料例

月々の保険料

口座振替扱
保険期間:10年/保険料払込期間:10年
保険金額:3,000万円

(単位:円)
ご契約年齢 男性 女性
25歳 4,860 4,020
30歳 5,280 4,620
35歳 6,390 5,430
40歳 8,250 6,630
45歳 11,130 8,550
50歳 15,150 10,440
55歳 21,450 12,810
  • ※上記は、主契約のみの保険料です。
ご注意事項
  • 死亡保険金および高度障害保険金は、重複してはお支払いしません。
  • 年金支払特約は、ご契約者が法人または個人事業主の場合に付加することができます。
  • リビング・ニーズ特約のご請求額は、主契約の保険金額以内かつ同一被保険者につき3,000万円以内とします。
  • 被保険者の年齢・ご職業・他の保険のご加入金額等によっては、保険金額の上限までご加入いただけないことがあります。

あんしん生命のお客様サービス【無料】

お客様とそのご家族の皆様へ、各種サービスをご用意しています。

ここに記載しているのは商品概要のご説明です。商品の詳細はしおり・約款にてご確認ください。

1902-KR00-H009

おすすめの保険商品(プレミアムシリーズ)

あんしん生命のプレミアムシリーズ
「生存保障」プレミアムシリーズ

あんしん生命では、短期入院時代の退院後の暮らし、働けないときの不安、介護や老後への備えをサポートするため「生存保障革命」に取り組んでおり、お薦め商品をプレミアムシリーズとしてご用意しています。

「生存保障革命」詳細はこちら

Get Adobe Acrobat Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、アドビシステムズ株式会社のサイトから最新版が無償で入手可能なアドビリーダー(Adobe Reader)が必要です。
Adobe Readerのダウンロードページ