ページのコンテンツへジャンプします

地域・社会への貢献

社会との深い関わりを持つ当社は、地域・社会の皆様とともにあり続けるために、本業を通じた地域・社会への貢献活動を積極的に行っています。

ピンクリボン運動の推進

街頭キャンペーンの様子

当社は、乳がんの早期発見の大切さをお伝えするため、認定NPO法人 J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)に賛同して、ピンクリボン運動を推進しています。当社の社員が全国の街頭に立って、呼びかけや啓発リーフレット(※)の配布を、2005年から毎年継続して行っています。

  • (※)認定NPO法人 J.POSHは、多忙な平日を過ごす女性のために、10月第3日曜日に全国でマンモグラフィー検診が受けられる環境をつくる取組み「ジャパン・マンモグラフィー・サンデー(J.M.S)」を全国の医療機関と協調して行っています。当社もこの取組みに賛同し、医療機関を掲載した一覧表もあわせて配布しています。

お客様をがんからお守りする運動

「タオル帽子製作」を通じたがん患者さんの応援

本社での製作会の様子と
社員が製作した「タオル帽子」

当社は、盛岡市の市民団体「岩手ホスピスの会」の、「がん患者さんやそのご家族の方々を支援したい、勇気付けたい」という想いに賛同し、2009年から抗がん剤治療患者向け「タオル帽子」の製作に取り組んでいます。毎年、当社を中心とした東京海上グループ関係者とその家族が、一針一針想いを込めて1,000個以上の「タオル帽子」を製作し、「岩手ホスピスの会」を通じて全国のがん診療連携拠点病院へクリスマスプレゼントとして寄贈しています。

弘済学園チャリティバザーへの参加

チャリティバザー風景

MDRT(※)東京海上日動あんしん分会のボランティア活動の一環として、毎年11月に開催される神奈川県の総合福祉センター「弘済学園」のチャリティバザーの運営に協力しています。2018年は、総勢100名が参加しました。

  • (※)MDRT(Million Dollar Round Table 百万ドル円卓会議)とは、1927年にアメリカで設立された卓越した生命保険と金融サービスの専門家の世界組織です。
    MDRT東京海上日動あんしん分会では、2019年4月1日現在、ライフパートナー169名と代理店23名がメンバーとなっており、相互研鑽と社会貢献に取り組んでいます。

あしなが育英会へのチャリティ募金活動

あしなが育英会本部にて

当社では、病気・災害・自死で親を亡くした子どもたちの奨学資金として活用してもらうために、1999年から毎年、ライフパートナー有志による募金活動を行っています。
2018年は、ライフパートナー等総勢156名から集まった募金額に、マッチングギフト(※)をあわせて寄付金としました。

  • (※)マッチングギフトとは、社員の自発的な寄付に会社が上乗せして寄付をする支援制度のことです。

カンボジア保育事業の支援

国際子どもの日のイベント
(クランリブ村)

認定NPO法人「幼い難民を考える会(CYR)」がカンボジアの農村で開設・運営している「村の幼稚園」事業への支援を行いました。当社の寄付は、カンダール州およびコンポンチュナン州の農村地域にて、「村の幼稚園」9ヵ所10教室の子どもと保育者を対象とした保育支援活動に使われる予定です。