ページのコンテンツへジャンプします

トップメッセージ

平素より、東京海上日動あんしん生命をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症による影響を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。当社は、一企業市民として、お客様、代理店、社員等の感染拡大防止に最大限努めながら、お客様に必要なサービスの提供を継続することで、生命保険会社としての使命を果たしてまいります。

当社を取り巻く環境は、生活様式の変化やデジタル化の進展、医療技術の進化など、これまでにないスピードで変化し不確実性が増しています。このような時代だからこそ、当社のパーパス(存在意義)である「社会課題に向き合い、お客様本位で革新的な生命保険事業を通じてお客様の人生をお守りする」という原点に立ち返り、取り組みを進めています。

あんしん生命は、1996年に「お客様本位で革新的な生命保険事業」を掲げて創業しました。全国に広がる代理店ネットワークや営業直販社員であるライフパートナー等を通じて、お客様一人ひとりのニーズに合った商品・サービスの提供に日々取り組んできました。その結果、大変多くのお客様からのご支持に支えられ、2021年には創立25周年を迎えることができました。厚くお礼申し上げます。

これからも、当社は社会課題やお客様の課題に誠実に向き合い、先進技術も活用しながら、当社ならではの解決方法を提供してまいります。
例えば、引受基準緩和型医療保険「メディカルKitエール」では、AI技術を用いたビックデータ解析により、引受基準を抜本的に見直し、持病がある方等の引受範囲拡大と低廉な保険料を実現しました。
また、介護・認知症が大きな社会課題となる中、介護保障の分野では業界初となる使わなかった保険料が戻ってくる「あんしんねんきん介護R」を発売し、お客様に新たな価値を提供しています。
当社は業界のチャレンジャーとして、時代と共に進化し、一人ひとりの人生に「あんしん」を届けつづけていきます。

そして当社の社員は、何としてもお客様をお守りするという、強い想いを持った「保険人(ほけんびと)」として、生命保険事業に取り組んでいます。社員全員が保険人としての使命感を発揮し、お客様・代理店さんはもちろん社会に寄り添い、「なくてはならない会社」になることを目指し挑戦していきます。

今後とも、皆さまからのご理解と変わらぬご支援、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

取締役社長 川本 哲文