閉じる

入門大介 2009年入社 経理財務部 管理会計グループ

現在の業務内容を教えてください。

決算関連では、責任準備金・利源分析・損益説明資料を担当しています。グループ会社との合併関連業務にも従事しています。
システム開発では、第三分野新商品の数理システムの開発を担当しています。15名の担当者の開発進捗の取り纏めも行っています。
収益検証では商品別損益の算出・検証をしています。
その他、新入社員のSP担当(※)や業務勉強会、アクチュアリー試験勉強会などを実施しています。

仕事の魅力、やりがいを教えてください。

『仕事』という単語を広辞苑で引くと、『何かを作り出す、または、成し遂げるための行動』と出てきます。私はこれを「ゴールを設定して、何をするべきかを考えて、行動すること」と解釈しています。このプロセスを繰り返すうちに必ず成長していくはずです。その成長を実感できることが仕事の魅力だと思っています。また、簡単な事を成し遂げても面白くありません。難しいことにチャレンジすることにやりがいを感じています。

業務を通じて大変だったエピソードを教えてください。また、どのようにしてそれを乗り越えたのか教えてください。

損保の営業部門(損害サービス部門)から生保のサービス部門(現部署)に異動してきた際に、全く業務についていけなかったことです。数理業務は専門性が高く、自分にはその知識が全くありませんでした。「努力して打開したい。勉強をしよう。」と心からそう思いました。それから3年間、早朝・昼休み・退社後・休日に自主勉強を行い、アクチュアリー準会員になることができ、最近ようやく周囲のレベルに近づいてきたと実感しています。

ある日のスケジュール

8:00子供を保育園に送る
8:30出社(勉強)
9:00始業(メールチェック・タスク確認)
10:00会議・打合せ
12:00昼食(時には仲間と銀座まで足を延ばすことも)
13:00資料作成
15:00勉強会
16:00業務報告
17:00資料作成
19:00退社(会議室やカフェなどで勉強)
22:00帰宅

会社(職場)の雰囲気を教えてください。

東京海上日動火災は『自由闊達』という社風ですが、当社はそこに『成長意識』を乗せたような社風ではないかと思っています。当社はまだまだ伸び盛りの会社で、「会社も自身も成長させていくんだ」という気概を持った社員が多いと感じています。その一方で、アットホームな雰囲気もあり、とても居心地が良いです。どちらも本当に良い会社で、もし、もう一度就活をするということになっても、当社か東京海上日動のどちらかに入社したいと本気で思っています。

配属前後で当社へのイメージの変化がありましたら教えてください。

特にありません。事前に聞いていた社風の通りでしたし、社内の雰囲気も明るく、職場環境にも満足しています。最近は、仲間と協力して難題に立ち向かうという仕事が多く、一体感を持てる場面も多くなってきました。新入社員のSPを経験した結果、育成プランが思っていた以上に充実しており、会社として人材を大切に育成していくという方針がまさにあると感じています。

プライベートはどのように過ごしていますか。また、仕事と両立させるためにどのような工夫をしていますか。

子供が生まれた2年前から、なるべく子供との時間を持つようにしています。土曜日は子供と一緒にスイミング、日曜日は遠出という過ごし方が多いです。夫婦共働きですし、私に関してはアクチュアリー試験の勉強がありますので、仕事・勉強・育児を三本立てするように心掛けています。子供が寝た後などの隙間時間に、ぼーっとせずに勉強をするようにしています。趣味はドライブで、リフレッシュしたい時には車に乗っています。

※ SP制度
同じ職場の先輩社員が職場指導員「SP(SenPaiの略)」として、1年間一対一で新人の指導・相談にあたる制度。