ページのコンテンツへジャンプします

  1. あんしん生命保険ホーム
  2. 保険をお考えのお客様
  3. 生命保険の選び方
  4. 心配ごとから選ぶ:こどもの教育資金に備えたい

心配ごとから選ぶ

こどもの教育資金に
備えたい

こども保険・学資保険の選び方

  • twitter
  • facebook
  • Google+

こどもが誕生するというのは、親として人生で最もうれしいイベントの一つです。その一方で、5年後10年後を考えると、入学金や授業料、さらには塾や習い事、将来の進学など、教育費関連の支出が心配に。
経済的な理由で進学をあきらめなくてもいいように、早い時期からどのような教育を受けさせたいかを考えながら、こども保険(学資保険)で計画的に準備しておきましょう。

1こどもにかかる教育費をイメージ

これからのお子様の成長や将来を考え、今後さまざまな費用が必要となります。幼稚園から高校までの学習費で、約500万円~1,700万円と言われています。受験や進学のたびに家計をやりくりするのは大変。早いうちから計画的な準備を始めましょう。

2確実に教育資金を準備する方法

教育資金を無理なく、確実に準備するにはどうすればいいでしょうか。そんなときに役立つのがこども保険(学資保険)。毎月一定の保険料を積み立てて、受験や進学などで教育資金が必要になるタイミングに給付金を受け取ることができる保険です。
こども保険・学資保険の選び方のポイントは、確実に教育資金を準備するために、さまざまなリスクに対応できるかどうか。例えば、契約者に万が一のことがあった場合に養育年金を受け取れたり、受験や進学時に祝金が受け取れたりする保険もあります。こどもの将来を支えるためにも、希望の進学プランに応えてくれる保障があるかをきちんとチェックしましょう。

関連情報

おすすめ商品

こども保険の選び方に迷われた際は、お気軽にご相談ください。

“どんな保険を選んだらいいかわからない”
“ぴったりの保険を教えてほしい”
そんなあなたのギモンにお答えします!

1607-KR01-H027

幼稚園から高等学校までの15年間の学習費総額

幼稚園
(3年間)
小学校
(6年間)
中学校
(3年間)
高等学校
(3年間)
合計
公立 69.6万円 182.5万円 137.9万円 118.0万円 507.9万円
私立 161.3万円 879.2万円 383.6万円 276.8万円 1700.6万円

出典:文部科学省 平成22年度「子どもの学習費調査」

閉じる