ページのコンテンツへジャンプします

心配ごとから選ぶ

がんに備えたい

おすすめがん保険の選び方

  • twitter
  • facebook
  • Google+

日本人が一生のうちにがんと診断される確率をご存知でしょうか。日本人の場合、なんと2人に1人ががんにかかる可能性があると言われています。
近年では、大きい腫瘍を一度で切除できる手術方法や、切除せずに放射線を使った治療法が注目されるなど、時代とともにがん治療は変化しています。また、がんは治療期間が長期にわたるため、治療費が高額になることも。最良な治療方法を選ぶためにおすすめの「がん保険の選び方のポイント」をご紹介します。

1最新のがん治療の実態を踏まえた保障内容

検査技術の進化により、がんの早期発見ができるようになったり、がん告知が一般化してきたことで納得できる治療方法を選べるようになったりと、時代とともにがん治療は変化しています。また、最近では抗がん剤による治療も外来で行われることが多くなりました。
一人ひとりの症状によって、最適な治療方法は異なります。自分に合った最良の治療を選ぶためにも、高額な治療費や働けなくなったときの生活費を保障できるがん保険がおすすめです。

2抗がん剤治療の進化

「抗がん剤」というと、脱毛や吐き気などの重い副作用が気になるという方も多いのではないでしょうか。しかし、最近では正常細胞へのダメージを抑える、副作用の少ない抗がん剤を使った治療が注目されるなど、体に負担をかけない抗がん剤治療が増えています。
治療の選択肢が少ないことで悩んでいた方でも、新しい抗がん剤の登場によりさまざまな選択肢のなかから治療を選ぶことができるようになりました。
抗がん剤治療は、治療費が高額になるケースもあるため、がん保険でカバーすることをおすすめします。

3先進医療の治療費に備える

手術や抗がん剤治療と並ぶがん治療の一つが放射線治療。最近では、従来の放射線治療以上に、ピンポイントで病巣だけに放射線を照射する「重粒子線治療」「陽子線治療」といった治療方法も注目されています。
先進医療は高い効果が期待できる分、高額な治療費がつきものです。「高額療養費制度」だけではカバーできない自己負担額、収入が減ってしまった時の対策など、がんになっても安心できる保障について考えることが、がん保険の選び方のポイントです。

関連情報

おすすめ商品

がん保険の選び方に迷われた際は、お気軽にご相談ください。

“どんな保険を選んだらいいかわからない”
“ぴったりの保険を教えてほしい”
そんなあなたのギモンにお答えします!

1607-KR01-H022

がんは収入にも影響が・・・がん罹患による世帯収入の変化

減った 46.6%

厚生労働省がん臨床研究事業「働くがん患者と家族に向けた包括的就業支援システムの構築に関する研究」班 2012年

閉じる